走る俺、走れ馬

市民ランナー&ラフィアン一口馬主の日記なり

当たって砕けた

f:id:simpleword:20180416000309j:image

マイネルファンロンの皐月賞は13着で、春のクラシックは幕を閉じました。

 

パドックはいつもどおり。でも、今回のメンバーに入ると、他馬と比べると踏み込みの浅さとか、差がある感じがありありと。

 

そんな中でも、レースで上手いことやってくれないものかと淡い期待を抱いていたものの、戦前の予想どおり、普通に外回して沈んでしまいました。

 

トロールビデオを見ると、ずっと大外。機動力で勝負するべき馬が外回して力勝負では……

4角でさらに外回してたのは、人気のステルヴィオワグネリアン・キタノコマンドール。この3頭の騎乗も叩かれそうな内容なのに、それに匹敵するような競馬では、ね……

じゃあ、内枠だったら何とかなったかと言われても、そんなことはなかっただろうし、1・2着馬が目の前に居て、それについていった競馬なんだから、判断が大間違いだったかと言われればそうでもないんだろうけど……

 

まぁ、大負けしたら色々言いたいことは出てくるけど、力が足りなかったのも事実。これで休養ということなので、一息入れて、秋に向けて500万から再出発。今年はツアーに行ってみようかと思っているので、そん時に見られるかしらん。

 

人生2度目のG1で

f:id:simpleword:20180413101859j:image

マイネルファンロンがスプリングSの後も順調に、皐月賞へ。

前回が人生2度目のトライアルなら、今回が人生2度目のG1。クラシックはもちろん初めて。よーし、出走馬名入りグッズ一杯買っちゃうぞー!ってな浮かれ具合。

色々と好走しそうな要素を探してみたものの、

  • 内をうまく立ち回れば→6枠11番、これまで馬群で競馬したことない
  • 前残りを→折り合い重視で出していかない
  • 馬場が悪くなれば→言うほど雨が降らない

というオチがつきそう。
普通に外回って、正攻法の勝負して、淡い期待は木っ端微塵に砕け散る。そんな気がする。

そんな期待度であり、2桁人気が確実な情勢だけに、1つでも上の着順で賞金咥えて来てくれれば御の字。

  1. 賞金咥えて帰ってくる(=10着以内)
  2. 美味しい賞金を咥えて帰ってくる(=7着以内)
  3. ダービー優先権(=5着以内)

1.は最低限お願いしたいライン。2.まで行けば上出来。3.なら発狂モノですわ。

 

実際のところ、ここで権利取れなかったら早めの休養→秋に向けて北海道シリーズで賞金加算、とかなんだろうと思っている。とはいえ、同じような気持ちで見ていたスプリングSがあの結果なので、良い意味で裏切ってくれれば良いのだけど。

権利(σ・∀・)σゲッツ!!

f:id:simpleword:20180318230105j:plain

 皐月賞の権利獲ったどーーー!!!

 

マイネルファンロン、スプリングS3着で権利奪取となりました。4角にいたので、エポカドーロは突き放していくし、ステルヴィオがビューンと交わしていくしで、もう、とにかく、3着で。と叫んだおかげか否か、1頭になっても崩れずに、内を掬った馬を何とか凌いで3着で権利ゲット。

 

出遅れだけは勘弁、と思っていたゲートは厩務員さんが立ち会って、外の偶数枠もあってギリギリまで入れるのを遅らせる作戦に出たんだと思う。ライトカラカゼ以外では一番最後に入って、待たされることもなく、スタートは未勝利戦のようにポン、というか騎手がつんのめるようなくらいに前掛かりに出た。

ハナに行くんじゃないかというくらいの勢いだったけど、内の馬をやって、ライトカラカゼもやって1角は4番手。出していったから、向正面に入ったくらいまではかなりエキサイトしている感じで、唯一頭折り合いに苦労している感じだった。

3角から動き始め、4角手前で3番手に押し上げる。4角でエポカドーロが思った以上に外に出してきて、コーナーからの立ち上がりが不恰好になってしまったところもあって、クリアに4角を回った前2頭には一気に離されてしまった。

それでも渋太く伸びて、500万勝ちクラスのドングリの背比べ争いをハナ差制して皐月賞の権利を辛くも確保。掛かるところがあるのを判っていながらでも、外枠なので出していった、そんな攻めた騎乗が今回は吉と出た。

 

手塚厩舎だから、そんなにクラシックに何としても間に合わせる、とは思ってなかったんだけど、しっかり調べてみると、クラシックはアユサンくらいで牡馬クラシックには縁が遠かった。アジアエクスプレスアルフレードはマイル色がやっぱり強かったしね。そりゃ、この時期にトライアルで一発期待できるような馬であれば、力一杯手を掛けてくれますわな。

 

気楽な立場で皐月賞に出走できるので、内枠引けたら今日のバールドバイのようなこすっからい競馬で一つでも前を目指せれば、というところ。まぁ、クラシック出走の経験なんて無いので楽しみというか、まだまだおっかなびっくりな感じ。

人生2度目のトライアル

マイネルファンロンがスプリングSに出走予定。
1800への距離短縮がどうかなぁ〜なんて思っていたけど、ヌーヴェルが重賞勝った舞台だし、ステゴ産駒の成績も良いし、先週までイメージしていたよりも何だかやれる気がしてきた。まぁ、各メディアに取り上げられてるから舞い上がってるだけ、というのが正しいと思うけど。

ただ、材料はある。葉牡丹賞は最終追い切りの動きで首を捻るようなところがあったけれど、それでもジェネラーレウーノのとの叩き合いに持ち込んだ。シャルドネゴールドとの着差は、あまり鵜呑みにしない方が良いけれど。フリージア賞は牧場で乗り込んでない状態で入厩したので、明らかに急仕上げだった。

これに対して今回は叩き2戦目で、最終追い切りも派手さは無いものの、促す程度で楽に追走先着。まだまだ成長途上であることを考慮した追い切りでメイチの仕上げでは無いけれど、上積みは確実にあって、ここ2走よりは確実に上昇している。勝ってはいないものの、前走500万下組の中では胸を張れる存在だと思っている。
これなら権利という面では、先行して粘り込んでワンチャンあるで、という気になってくる。

 

これまでにクラシックのトライアルは、神戸新聞杯の1回(マイネルゴルト7着)だけしか経験がない。春は初めてだ。まぁ、そもそも重賞に複数回出走したのがゴルトとオーチャードくらいだし、オーチャードも古馬になってからだからね。大舞台とは縁の遠い一口馬主生活を送ってるので……

そんなゴルトの時も4角で見せ場は作って、写真撮りながら相当に叫んだ記憶がある。今回も血管が切れそうなくらいに叫ばせてもらいたい。それ即ち、今度はゲート決めろやってことやで>大知

 

なお、他の馬はみんな鉾田に集合中。4頭も鉾田に居るのよね……

I’m a DNSer. (千葉県民マラソン)

第40回千葉県民マラソン DNS

 

先週の土曜にギックリ腰になり、日曜に鍼治療へ駆け込む。背筋の異常緊張とかは早めに落ち着いたものの、腰の下の方の痛みがまだ残っている。日常生活は問題無くなったものの、走る方はドローインすると痛みが悪化しそうな感じがあり、この週末もキロ6以上のジョグで様子見状態。走り終わった後に鉄棒で1分ぐらいぶら下がって、腰が曲がってしまうのを防いでいるような状態なので、とてもレースに出るような状態ではなかった。

 

姫路城マラソン以降、1週間の走行距離が8Km-14Km-16Kmとかなり練習量は落ちてしまっている。2月は100Kmをちょっと超えたくらいしか走ってない。この土日は腰が痛かったけど、さすがに脚は軽かった(笑)

 

これで今シーズン3度目のDNS。今の状況だと熊谷さくらマラソンも出られる状態になっているかどうか。嗚呼、無駄遣い……

 

悪くない、悪くないけど

f:id:simpleword:20180217164624j:plain

2018/02/17 東京 フリージア賞 2着 マイネルファンロン

久しぶりに本気で叫んだので疲れたよ。。。

ゲートが開く直前にトモを落としてモコッと出てしまい、外枠もあって後ろから行くしかなくなってしまった。スローの展開になり、瞬発力勝負になるのが目に見えていたこと、また少し掛かり気味だったこともあって、向正面で早めにポジションを上げ、3角までには折り合った。

4角でジワっと外から進出して、直線に入って仕掛けるも一気にアクセルを吹かさず。坂でジワジワ出力上げて、坂を上がってからフルスロットル。坂上でブレステイキングを交わして一旦は先頭に立つ場面もあり、ギベオンの追撃も凌げるかとも一瞬は思った。けど、ギベオンにはずっと目標にされていたこともあって、最後は陥落。ブレステイキングにも差し返されたように見えたゴールだったものの、こちらは何とか競り落とした。判定写真みたら、スリットに鼻先が掛かっているか否かの、本当に僅かの差。懐的にはとっても大きい差。

本来の形ではないはずの競馬で、悪くない結果を出せているのは収穫ではある。だけど、やりたかった競馬じゃなかっただけに、ちょっと、いや、かなり悔いは残るなぁ。 

ファンロン自身は仕上がりが良かったと思うけど、外傷だ何だで鉾田からしっかり乗り込んでこれた訳じゃないし、幾分急仕上げなところはあったはず。他馬も万全という訳じゃなかったようだし、今回は素質と完成度の争いだったと思う。

本格化はまだ先だというのは解っている。解っているけど、それでも春のクラシック戦線に乗れるんだったら乗りたいよね。やっぱり。

次、中山できっちり勝ってダービートライアルへ。と、いきたいところだけど、中山は2戦ともに少しだらしない結果だったのが引っ掛かる。偶々、だといいのだけど。

 

冬場は稼ぎ時なんだけど

  • マイネルドゥーナ  2/11 東京 新馬 ダ1600 9着
    スタートもっさり。芝からダートに変わって包まれたところでバタバタして下がる。ブックでは3角寄られる不利となっていたけど、パトロールビデオ見るとそんなところは見受けられなかった。4角で外を回してジリジリ伸びるも9着まで。
    510Kgの馬体重でデビューとなったけど、パドック映像では明らかに太め。マイルの馬でも無いだろうし、この内容であればそこまで悲観することは無いかな。中山開催の間に前進してメドが立てられれば。

  • マイネルクラフト 2/13 小倉 4歳上500万下 芝2600 8着
    開幕週でキレ負けしそうだから、ということで行き脚も付いたし逃げたんだろうけど、策に溺れた感じ。前有利というより好位差しが決まる馬場で、1000m60秒で逃げたらそりゃあ、ね。強気の競馬で良いとはおもっていたけれど、その強気が1周早いとは思ってなかった。
    ただ、自分が思っていた以上に小倉の馬場が速いのも事実。滞在で再び芝2600が有力なんだろうけど、ダ2400という手もあるのかもしれない。クラースがダートで走ったから、という理由だけだけど。

  • マイネルファンロン 2/17 東京 フリージア賞 芝2000 柴田大知
    フラットレーは平場のマイルに回ったけれど、それでもエリスライト、ギベオン、それにブレステイキングといった良血馬との対戦。調教はまずまず動いているみたいだけど、時計的には特筆すべきところはなく。鉾田でも順調だった訳でもないので、どこまでやれるのか。順調なら当然ながら勝ち負け期待というところだけど。なお、口取りの申し込みは準備万端で、7秒で完了。
    瞬発力勝負にはしたくないだろうから、前目の位置取りで淀みないペースに持ち込みたいところ。