読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走る俺、走れ馬

市民ランナー&ラフィアン一口馬主の日記なり

ベストではある

レース

第5回MxKディスタンスチャレンジ 5000m 2組 16着 17:36.6


5000m記録会連戦の2戦目。月例川崎まで入れれば3連荘。リスタートタイムトライアル以上の17分半目標に掲げて大井まで。今日、帰省するのでなければそのまま東京大賞典見に行ってたんだけど、走り終わってまっすぐ帰ってきた。

今日の装備:ランシャツ、ランパン、ターサージール4、GARMIN ForeAthlete 235J、RUDY PROJECT NOYZ

いつもの装備、いつものアップで。

これまでと違って目標の17分半は保守的なタイムじゃなく、かなり上に置いたタイム。ペーサーに付くのは厳しいだろうけど、離れてもラスト1000mで射程圏内の差なら、と思っていた。
けど、そんなプランはスタート直後にあっさり崩れた。2列目スタートだったこともあり、位置取りがよろしくなく後方から。18分のペーサー集団の後ろに入ってしまって無理に動けなくなってしまった。
600mを過ぎたあたりで18分ペーサー集団をパスして17分半ペーサー集団に……つ、付けない。最初よりはペース上げてるんだけど、集団の最後方に追いついたと思ったら、無駄脚使ったからかすぐに付いて行けなくなってしまった。ジリジリとペーサー集団から離れて1000m手前から早くも単独走。週末以降、走って無い睡眠時間も少ないというのもあり、今日は身体が重たい感じがして厳しかった。
それでも2000mを7:00ちょうど、3000mを10:33で通過。このあたりからは落ちてきた人も出だした。集団で走ることはないけど、完全に単独ということもなくなって、落ちかけてきたペースを何とか維持。
残り2周からペースを上げた(つもり)けど、残り600で追いついた2人が残り1周でペースを切り替えたのに付いて行けず。残り200で完全に一杯に。ラスト1週の切り替えができれば、もう少し17分半に近かったとは思うのだけど。

それでも自己ベスト(高校時代を除く)。体調、かなり肩に力が入って腕の振りがイマイチ、そしてふくらはぎだけパンパンになるような走り。課題は沢山あった中でもタイムが出たということは、そう、伸びしろですね。